おすすめアイテム 配達の乗り物

【お金をかけずに】ウーバーバッグをリアキャリアに固定しよう!

ウーバーバッグを背負いたくない

リアキャリア固定のきっかけ

真夏日

真夏の炎天下。

自転車を漕ぐだけでも汗が滝の様に流れます。

そこへ大きな大きなウーバーバッグを背負って配達をするので、背中も肩紐も汗だくに。

ただ自転車を漕ぐよりもずっと疲れるんです。

しめ子
もうウーバーバッグは背負いたくない!自転車に固定しよう!

そう決めたけど、どうやって固定すればいいのでしょうか。

お金をかけずにクロスバイクにリアキャリアを取り付けたい

まずは自転車屋さんに相談

自転車とウーバーバッグをもって自転車屋さんに相談に行きました。

しめ子
この大きなバッグをこのクロスバイクに固定したいです
緑ウーバーバッグ
クロスバイク

うーん・・・それは無理だね。
まずスポーツタイプの自転車は荷台を取り付けるようにできていないんだ。
バッグを付けて重いものを運ぶのは負担が大きくて故障の原因になる。
それにリアキャリアのパーツも販売されていないと思うよ。
自転車屋さん

しめ子
ガガーン・・・

私が訪ねた自転車屋さんでは安全の保証がないので難しいとの事でした。

自分で取り付けるしかなさそうです。

自分で取り付けてみた【準備する物は2点】

1.リアキャリア

互換性のあるリアキャリアパーツを選ぶ

まず楽天でシートポストに固定するタイプのリアキャリアを購入しました。
様々な自転車に互換性がありスポーツタイプの自転車にも後付けができます。

シートポスト

重量はわずか660gと軽量。

取り付けは簡単

このリアキャリアの良いところは、工具を使わずに簡単に取り付けができるところです。

リアキャリア

1分程で取り付けられました!

仕様

【メーカー】GORIX
【サイズ】幅120mmx高さ78mmx長さ490mm
【天板サイズ】幅120mmx長さ294mm
【適用シートポスト径】約Φ27.1~33mm
【最大荷重】9kg
【製品重量】約660g

しめ子
とっても簡単に取り付けできちゃった!
工具不要のクイック式で簡単に着脱ができます

2.補助キャリア

リアキャリアだけでは大きなウーバーバッグを安定して支えることができません。
リアキャリアに補助キャリアを取り付けて、荷台の面積を広げましょう。

しめ子
ウーバーバッグを安定させるには大型の補助キャリアがおすすめです
代替品の補助キャリア【自作】

今回はなるべくお金をかけないというテーマですので、DAISOで揃えた代替品を使用します。
代替品

準備するのは3点

メモ

ワイヤーネット(30センチ×30センチ)

ロックタイ(結束バンド)

フック付きゴムバンド(最大3m)

全て100円ショップで揃います。

リアキャリアに固定する

固定リアキャリアにワイヤーネットを乗せてロックタイで固定します。
ロックタイの余った部分はハサミでカットしましょう。

完成

完成

しめ子
安くできたのは良いけどカッコ悪いな・・・

ウーバーバッグ固定にオススメの補助キャリア【既製品】

ウーバーバッグにぴったりサイズの補助キャリアはこれ

こちらの補助キャリアはウーバーバッグのサイズにぴったり。
深さがあるので安定して固定できそうです。

自転車リアキャリアに取り付けて大きい荷物を積載

仕様

【メーカー】昭和インダストリーズ
【サイズ(外寸)】幅320mm×高60mm×奥行き474mm
【底面(内寸)】幅306mm×高57mm×奥行き460mm
【適用車種】リアキャリア(荷台)のついた自転車
【製品重量】1.45kg

しめ子
フォロワーさんから補助キャリア取り付けのご報告をいただきました!

しめ子
ウーバーバッグを固定した写真も!ありがとうございます!

しめ子
気持ち良いくらいジャストサイズだね!
ウーバーバッグをすっぽり入れるリアバスケットもあり

バスケットタイプならウーバーバッグをすっぽり入れられます。
バンド固定の手間要らずで、配達の効率アップができるかも。

樹脂製だから割れにくい大容量自転車用リアバスケット

仕様

【メーカー】オージーケー技研株式会社
【サイズ(外寸)】幅350x高220x奥行490mm
【底面(内寸】幅280x奥行420mm
【適用車種】24~27インチ リアキャリア付き自転車
【製品重量】約1.3kg

ウーバーバッグをリアキャリアに固定してみて解った【メリット・デメリット】

メリット

メリット

身体の疲れが軽減される

商品破損のリスクが軽減

メリット1 

長時間稼働すると疲労感が全然ちがうのを実感します。

悩まされていた肩こりと背中の痛みも治りました!

メリット2

ウーバーバッグを背負って自転車に乗ると、気をつけていても多少は傾いてしまうことがあります。
リアキャリアに固定すると常に水平を保てるので、破損のリスクが減りました。

 

デメリット

デメリット

フレームを跨ぎづらくなった

商品の出し入れが面倒になった

デメリット1

スポーツタイプの自転車の場合、自転車の後ろ側から跨いで乗る方が多いと思います。

リアに大きな荷物を積んでしまうと、後ろから跨げなくなります。

自転車を斜めに傾けて前側から跨げば大丈夫ですが、少々かっこ悪いのが難点です。

デメリット2

ピック&ドロップのたびに、ウーバーバッグをリアキャリアにくくり付ける手間があります。

背負っている時の方が商品の出し入れは簡単でした。

でもリアキャリアへの固定も慣れるとかなりスピードアップできますよ。

まとめ

自転車

ウーバーバッグのリアキャリア固定の方法をご紹介しました。

デメリットもありますが、やっぱり固定したほうが楽です。

今回はケチって補助キャリアを自作しましたが、当然ながら耐久性は低いです。

とはいえ2ヶ月間、ほぼ毎日稼働しても大丈夫でした。

気になる方はぜひやってみてくださいね。

-おすすめアイテム, 配達の乗り物

Copyright© ウバ女!子育て主婦がUberEats配達してます , 2020 All Rights Reserved.